従業員の残業を減らしたい

外出が多い従業員や現場に出向く従業員は、帰社してからのデスクワークのために残業が増えてしまう場合多いでしょう。
そういった業務を、外出の際の移動時間や現場での作業の合間に行うことができれば、残業を減らせる可能性があります。

移動時間を活用すれば、業務時間の無駄がなくなり営業担当の残業時間を減らせるかもしれません。

【1人あたりの営業スタッフの1日の移動時間が合計2時間の場合】

【営業スタッフが10人の場合】

2時間 × 10人 × 20営業日 = 1ヶ月あたり400時間

1か月で、50人/1日分の業務を効率化し、その分のコストを下げる効果が見込めます。

タブレットの機能の利用範囲
社内ネットワーク 仮想化 クラウド メール アドレス帳 WEB
-
スケジュール 外部アプリ Saas/ASP GPS・地図アプリ 電子資料
- -

Page Top