業務を改革したい


経営者、管理職・営業スタッフの業務を改革しよう

経営者、管理職は社外に出ることが多く多忙です。
営業スタッフも日常的に社外へ出かけ顧客と接しています。
タブレットの活用はさまざまな外出先での業務を充実させてくれるとともに、会社に戻らないとできなかった業務を外出先でもできるようになり、効率的なワークスタイルを実現させてくれます。
本来の大切な業務に集中するためのタブレットの活用の方法を紹介しています。

管理職の重要業務の時間を増やしたい

管理職で外出が多い場合でも、報告書の確認や申請の承認など、社内で行う業務をたくさん抱えています。
社外でもこれらの業務を行うことができれば、社内業務のために帰社する移動時間等を減らし、そのぶん企業の利益に貢献する生産的な業務に費やす時間を増やせます。

意思決定を迅速化したい

管理職・従業員ともに、業務上のさまざまな情報を収集し、意思決定を行っています。
重要な意思決定であればあるほど、上司と部下で打合せをしたり、会議での報告や話し合いを経る必要があり、意思決定が遅くなりがちです。
タブレットの利用で、情報収集を効率良く行うことができ、また社内のコミュニケーションにおけるタイムロスを減らして、意思決定をスピードアップさせることができます。

営業・販売の提案力を強化したい

営業担当者や販売員によって、説明力・提案力は異なります。また、カタログを資料として商品やサービスの特長を説明する場合、伝えたいことを的確に理解してもらうのは難しい場合もあるでしょう。
タブレットではムービー(動画)を使って説明することができるため、ポイントをしぼって伝えたり、提案力を強化・均一化することができます。

営業・販売担当の営業効率を上げたい

出社時や帰社後に行っていたメールのやり取りなどを外出時に行えるようになれば、顧客に対してスピーディに対応できます。
また、移動中の時間を有効活用することで、社内での作業を減らし、営業活動に集中する時間を増やすことができます。

従業員の残業を減らしたい

外出が多い従業員や現場に出向く従業員は、帰社してからのデスクワークのために残業が増えてしまう場合多いでしょう。
そういった業務を、外出の際の移動時間や現場での作業の合間に行うことができれば、残業を減らせる可能性があります。

社内での情報共有を活発化・効率化したい

社内にいる従業員・現場を担当する従業員・外出が多い従業員がそれぞれの情報を共有する場合、デスクワークの時間がそれぞれ違うため、情報共有化のタイミングも異なってきます。
タブレットを使って出先でも情報共有化作業ができれば、よりタイムリーな情報発信・共有が可能になります。

ペーパーレス化したい

会議資料・報告書・営業資料・カタログ等、相当量の紙類が使用されていますが、役割が終われば廃棄されてゴミとなります。
必要がなくなれば廃棄される紙類の資料であるにも関わらず、紙代や印刷代などのコストは決して小さくはありません。
コストの面からだけでなく、環境に対する配慮の面からも、資料の電子化は必要とされています。
電子資料を業務の中で活かせるツールがタブレットであると言えます。

人材育成・教育スタイルを改革しよう

企業の大切な人材を活かすために人材教育は重要です。
ただ業務中にマニュアルを持ち歩いたり開いて確認するわけにもいかず結局マニュアルが活かされていない場合も多いようです。
またマニュアルでは教えられないことは、研修を行うなど大きなコストを要します。
これらの人材育成にかかわる課題を、タブレットを活用することで解消し、成果を上げている例が出てきているようです。
タブレットでどんな人材教育が可能になるのか、その方法を紹介しています。

従業員の育成をもっと効果的にしたい、スピードアップしたい

従業員の育成には時間を要することが多く、研修費用などの負担もかかります。
マニュアルや講習では理解しづらく現場での習得が必要な業務であっても、電子マニュアルがあれば確認や見直しが容易になり、効率が上がります。
また、タブレットの表現力を活かして動画などによる説明も可能で、言葉だけでは伝えきれない技能の学習に効果を発揮します。

現場の業務を改革しよう

持ち歩きができるタブレットはさまざまな業務の現場での活躍が期待できます。
製造現場、倉庫、建設現場のほか、小売店、飲食店などの店舗での業務をサポートしてくれるいろいろな機能が登場しています。
ハンディターミナルや手書きのメモで対応していた業務がタブレットを使うことで効率化したり、これまで導入していたものに置き換わってそのコストを抑えてくれるものも。
現場の業務を改革するためのタブレット活用方法を紹介しています。

製造・物流・建設

小売・飲食

生産管理などの業務を効率化したい

タブレットは工場・現場でも手軽に利用でき、現場からのタイムリーな情報をオフィスでも共有することができます。
また、画像・動画も共有することができるため、離れた場所であっても正確な現状把握を可能にし、打合せの質を向上させます。

Page Top