社内での情報共有を活発化・効率化したい

社内にいる従業員・現場を担当する従業員・外出が多い従業員がそれぞれの情報を共有する場合、デスクワークの時間がそれぞれ違うため、情報共有化のタイミングも異なってきます。
タブレットを使って出先でも情報共有化作業ができれば、よりタイムリーな情報発信・共有が可能になります。

タブレットの機能の利用範囲
社内ネットワーク 仮想化 クラウド メール アドレス帳 WEB
-
スケジュール 外部アプリ Saas/ASP GPS・地図アプリ 電子資料
- - - - -

Page Top