導入の手順をチェックしよう

Step1. 導入の準備をする

タブレットを活用する目的を明確にし、御社でのタブレットの利用範囲を想定、その利用範囲で発生しうる問題を理解して、必要な対策を行う必要があります。

  1. 導入目的を整理する内容を見る/たたむ
  2. 業務を可視化する内容を見る/たたむ
  3. 利用のリスクと対策を確認する内容を見る/たたむ
  4. 概算費用を算出する

Step2. 端末を用意する【企業導入の場合】

試験導入時、一斉導入だけでなく、定期的な小規模な導入や故障の対応なども想定しましょう。
利用者の負担を最小限に抑え、安全に利用できるように端末を用意します。

  1. 利用開始手続きを行う内容を見る/たたむ
  2. 備品を手配する内容を見る/たたむ
  3. セキュリティポリシーの設定内容を見る/たたむ
  4. 初期設定方法を選ぶ・初期設定する内容を見る/たたむ
  5. タブレットのロック機能を有効にする内容を見る/たたむ
  6. メールアドレスを取得/設定する内容を見る/たたむ

Step2. 端末を設定する【BYODの場合】

試験導入時、一斉導入だけでなく、定期的な小規模な導入や故障の対応なども想定しましょう。
利用者の負担を最小限に抑え、安全に利用できるように端末を用意します。

  1. セキュリティポリシーの設定内容を見る/たたむ
  2. 使用するタブレット端末を確認する内容を見る/たたむ
  3. タブレットのロック機能を有効にする内容を見る/たたむ
  4. メールアドレスを取得/設定する内容を見る/たたむ

Step3. 利用環境を整える

利用範囲にあわせてタブレットに必要な機能を付加し、必要なセキュリティ対策を行います。

  1. タブレットに機能を付加する内容を見る/たたむ
  2. セキュリティ対策を行う内容を見る/たたむ

Step4. 利用者教育・サポート体制づくりをする

  1. 社内ルールを整える内容を見る/たたむ
  2. サポート体制を整える内容を見る/たたむ
  3. 利用者マニュアルを用意する内容を見る/たたむ
  4. 教育を実施する内容を見る/たたむ

Step5. 管理する

タブレットを安全に活用するために、デバイスが適正に利用されているかを管理する必要があります。
紛失や盗難などの発生時の対応や必要なバージョンアップの方法については、事前に手順を決定しておきましょう。

  1. タブレットを配付する内容を見る/たたむ
  2. タブレットの情報を収集/監視する内容を見る/たたむ
  3. タブレットの機能を制御する内容を見る/たたむ
  4. OSのバージョンを管理する内容を見る/たたむ

Page Top