タブレットで何ができるの?

パソコンを持ち歩くのは大変。パソコンでの作業は基本的にはデスクでしかできません。パソコンにはない特徴を持つタブレット端末はあらゆる場面で業務の幅を広げ、御社の仕事の質を高め、業務を効率化してくれます。タブレットを使って何ができるのかを以下にまとめています。

何ができるの?:持ち運びやすく、どこでも使える
薄いノートのような形状で軽いので手軽に持ち運び、多くの場面で活用できます。また、主にタッチパネルで操作するため、パソコンよりも感覚的に簡単に扱うことができます。
何ができるの?:すぐに使える
いつも電源が入っているため、パソコンのように電源を入れてから利用できるまでの時間がかかりません。
何ができるの?:すぐWEBを見れる
常にネットワークにつながっていて、見たいWEBページをすぐに開くことができます。
何ができるの?:豊かに表現できる
携帯電話より液晶が大画面で、表示情報を拡大縮小したり、動画を表示できるため詳細を短時間で表現できます。
何ができるの?:多くの情報を効率的に扱える
環境を整えることで、膨大な資料や社内に戻らないと得られない情報も場所を問わず安全に扱うことができます。
何ができるの?:利用者の業務内容、活動にあわせた、便利ツールにできる
アプリケーションを追加するなどして機能を増やせば、御社独自の業務サポートツールになります。

Page Top